ソレイアード(Souleiado)の紹介

  南仏プロヴァンスの織物



  ソレイアードはシャルル ドゥメリー社のブランド名です。プロヴァンス語で、「雨のあと雲間から射す一条の光」を意味します。その歴史をさかのぼれば、はるか中国の絹の道に行き着きますが、インドを経て、17世紀にマルセイユからプロヴァンス地方に伝わりました。そこで、東洋的な文様・色彩にプロヴァンス独特の自然、民族的色彩が溶けあってさらに魅力的な織物となり一世を風靡しました。ルイ王朝の頃は宮廷にもてはやされもしますが、その後、時の政策の変化と時代の荒波にもまれ、職人の技術は廃れ、工房も荒れたままになっていました。その後、時を経て長い苦労と努力の結果、1939年にシャルル ドゥメリー氏がプロヴァンスのプリントコットンを現代によみがえらせ、ソレイアードを創りました。いまでも、ソレイアードの博物館には、その歴史を物語る4万点にのぼる版木が保存され、現在もなお活躍しています。



ソレイアードの生地

  はじめに

ソレイアードの生地は、大きく分けると
 (1) ぺイズリー柄やプロヴァンスの自然(花々や昆虫など)をモチーフにした色彩豊かな細かい柄の
平織り
 (2) インテリア向けの織物や、やや厚手の大柄の模様
 (3) 平織り無地
 (4) ギャロンとよばれる約5〜18cm幅のリボン状のテープ
↓ ここをクリック!

などですが、特に、小物、パッチワーク、洋服などに向いていて使いやすく人気があるのは、(1)の定番柄を中心としたものです。 
Les TraditionnellesLes Petits Bleus のなかでその代表的な生地をとりあげてみましたのでご覧になってください。

どこかで見たことがある、と思われる方もいらっしゃるでしょう。なにしろすべてを合わせれば大変な数にのぼりますが、当店では、普段使えそうな平織りを中心に常時200種類以上の生地とカットクロスを取り揃えております。また、ご希望の方には生地カタログもご用意していますので、ご連絡ください(恐れ入りますが、現在「生地カタログ」については、販売を中止しております。当店が取り扱っているソレイアードの主な生地は、すべてショッピングサイトでご紹介しておりますので、そちらをご覧になってください。さらに詳しくお知りになりたい場合は、どうぞお気軽にお電話やメールでお問い合わせください)。